PR
広告
広告

AdSenseに合格をするための必要な16こと。

ブログ運営
記事内に広告が含まれています。

AdSenseの審査なかなか厳しいですよね。不合格するたびにあの腕組みおじさんは憎たらしく見えていきます。

今回は、AdSenseに実際に合格した私が、AdSenseに合格する方法を詳しくご紹介します。
どこよりも詳しい自信があります。
できる限りわかりやすく解説をするようにします。

これらのことはAdSenseのほかにAmazonアフィリエイト等のサービスの合格にも有効だと思います。

広告

AdSense合格の教科書【必ず必要なこと編】

1、プライバシーポリシーの作成。

プライバシーポリシーは必須です!

一見作るのが面倒くさそうですが、調べるとコピペできるものが出てきます。
また、ChatGPTを使うのも手です。当サイトはChatGPTにプライバシーポリシーを作らせましたが、なかなかいい感じに仕上げてくれました。

必ずプライバシーポリシーは設置しましょう!

プライバシーポリシーは固定ページで作るのをおすすめします

2、お問い合わせの作成

お問い合わせも必須です!

Contact Form 7というプラグインを使えば簡単にお問い合わせフォームができます。
お問い合わせフォームを入れると、クローズドアフィリエイトサービスからも勧誘がいただけることもあるので是非取り入れましょう。

お問い合わせも固定ページで作るのをおすすめします。

3、運営者情報

運営者情報を記載するのもおすすめです。

運営者情報といってもハンドルネームとメールアドレスで十分です。

固定ページで作成をするのがおすすめです。

AdSense合格の教科書【記事編】

次に記事に必要なことについて紹介します。

1、文字数は1500から

文字数が少ないと、AdSenseに落ちてしまう可能性があります。
ですので、1500文字以上あった方が安心かと思います。

1500文字ないと落ちるということではありませんが、多いに越したことはないです。

2、禁止行為はしない

以下のような行為をするとAdSenseに落ちてしまう可能性が高いです。

  • 画像の著作権違反
  • 法律違反
  • コピーコンテンツ
  • 暴力的な内容

以上のようなことをするとほぼ100%落ちます。

3、ある程度記事数が必要

AdSenseに合格するにはある程度の記事数も必要です。

20記事程度あった方が安心です。

ただ、闇雲に作った、20記事より、丁寧に作った10記事の方が受かりやすいとは思います。
ゆっくり丁寧にやっていきましょう!

4、YMYLのジャンルは難しい

YMYlと呼ばれるジャンルものはAdSenseに合格するのが難しいです。
YMYLとは

  • お金
  • 医療
  • 法律
  • 健康

などについてです。このような記事は信頼性が必要なため、合格するのが難しいです。
投資についても該当する可能性が高いです。

5、画像を適宜入れる。

画像も記事に適宜入れることもおすすめです。
特に、オリジナルの画像がおすすめです。

画像は、写真ACなどでフリーで使えるものが出てきます。

ただ、オリジナルがおすすめです。

6、ユーザーの悩みに寄り添う記事

ユーザーの悩みに寄り添う記事がとくにおすすめです
例えば、「洗濯洗剤の選択に迷ったら」や「○○のメンテナンスの方法」

などなど。そのような記事はとてもおすすめです。
また、キーワードによってはたくさんのアクセスが見込めます。

7、個性(独自性)のある記事

ほかのブログではない個性のある記事を作るのもおすすめです。

例えば、独自の視点で商品をレビューしたりと、ほかのサイトではないことをするのがおすすめです。

8、定期的な更新

定期的な更新も大事です!

毎日とはいいませが、週1、2週間に1回など定期的に記事を出すことがおすすめです。

AdSense合格の教科書【サイト編】

AdSenseはユーザーが使いやすいサイトを好みます。

サイトを使いやすくする方法をいくつか紹介します。

1、カテゴリーをしっかり設定。

カテゴリーをしっかり設定をしましょう!

カテゴリーが設定されていることユーザーが使いやすいサイトになり、結果AdSenseにも合格しやすいです。

2、サイトマップの作成

サイトマップを作ることで、ユーザーがサイトの構造がわかるので、結果ユーザーが使いやすいサイトとなります。

AdSenseはユーザーが使いやすいサイトを好むので是非作りましょう。

3、アイキャッチ画像の作成

アイキャッチ画像も作るべきです。

アイキャッチがあると、どのような記事か画像でわかるので、利用するユーザーも助かります。

Canvaとかで簡単に作れるので是非作りましょう

4、過度なアフィリエイト広告

アフィリエイト広告を載せること自体は問題なと思いますが、それを主張させすぎると合格しにくいと思います。

ただ、普通に載せる分には全然問題ないと思います。

ポップアップなどでアフィリエイトまみれはまずいですが、記事に何個か張る程度なら全然問題ないと思います。

5、サイトの高速化

サイトの高速化も大事です。

ただ、そこまで大きく変わらないとは思いますが、サイトが遅い場合はサイトの高速化をすることがおすすめです。

高速化についてはこちらの記事をご覧ください。

それでも合格しない場合

以上のことをしても合格しない場合は以下のことを確認して見てください。

  • AdSenseのコードはしっかり入れているか。
  • AdSenseのコードを入力する場所が間違えていないか。
  • プライバシーポリシー等がしっかりフッター(メニュー)にあるか。
  • うっかり、著作権違反をしていいないか。

AdSense以外のサービスを使うのあり!

アドセンス以外にもクリック型報酬広告はたくさんあります!
気になる方は以下記事が参考になりますよ!

審査不要ですぐに使えるサービスもこの記事で紹介されています。

アフィリエイトを入れるとAdSenseに合格ができないという話。

よくアフィリエイトを入れるとAdSenseに合格がしにくいと聞きますが、こちらはあまり気にしなくていいと私は思っています。

実際私は、Amazonアフィリエイトなどを入れていましたが、AdSenseには合格しました。
ポリシーにアフィリエイトはだめよというものはないです。

ですので、アフィリエイトは消さなくてもいいとは思います。

ただ、アダルト系のアフィリエイト場合は話は別ですが…

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!

AdSenseに合格せず困っている方は是非お試しください。
AdSense以外にもこれらのことはしておいて損はないので是非合格している方も取り入れていないものがありましたら、取り入れることをおすすめします。

質問等がありましたらお問い合わせからお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました