PR
広告
広告

お洒落の「しゃ」は「洒」が正しい!理由も解説します!

トレンド
記事内に広告が含まれています。

お洒落という言葉。
「洒」という字あるじゃないですか。

これどうみてもお酒の「酒」にしか見えませんか?
実は、お洒落という言葉の「しゃ」は酒ではなく、しゃと読む「洒」と書きます。

ではなぜ、「洒」と読むのでしょうか?
「洒」という字は、清潔感あふれる飾りや装いを意味しているからです。

本編にて詳しく解説します。

それでは本編です!

広告

お洒落の「洒」は「酒」じゃない

多くの人が「お洒落」と書く時、「洒」の漢字を間違えて「酒」と書いてしまいます。

しかし、「お洒落」の「洒」は、清潔感あふれる飾りや装いを意味しているのです。

実はこの漢字には、美しさや清らかさを表現する独自の意味があります。

次に、このような間違いがなぜ起こるのかを見てみましょう。

「酒」ではなく「洒」

「お酒」ではなく、「お洒落」と書くのは「清らかさ」や「飾ること」を意味するからです。

形状が似ているため、多くの人がこの二つの漢字を混同してしまいます。

実際に、「洒」は水をまく様子を表し、「清める」や「飾る」といった意味合いを持っています。

「酒」と「洒」は見た目が似ていますが、意味は全く異なっているのです。

間違いやすい漢字の一つとして認識しておくことが大切です。

覚えておくと、次からは間違えずに使えるでしょう。

多くの人が間違えてる!

お洒落の「しゃ」を「酒」ではないことを知っているかアンケートを採ってみました。
すると6割の人は知らないという驚きの結果が出ました。

筆者も知りませんでした。

まとめ

「お洒落」という言葉では、「洒」の漢字を間違えて「酒」と書かれることがよくあります。しかし、「洒」は清潔感や装いを意味し、「酒」とは全く異なる意味です。この混同が起こる理由は、二つの漢字が形状が似ていることが一因です。実際には、「洒」は水をまく様子を表し、「清める」や「飾る」といった意味合いを持ちます。したがって、間違いやすい漢字の一つとして認識しておくことが大切です。これらの違いを覚えておけば、次からは間違えずに使うことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました