PR
広告
広告

PageSpeed Insightsの得点を39点から95点にした方法

軽量化
記事内に広告が含まれています。

サイトの速度が遅くて困っていませんか?
読み込みが遅いサイトですと、せっかく来てくれた方も離脱してしまいます。

それは、本当にもったいないことです。
また、スピードが遅すぎると、Googleからもあまりいい評価がもらえません(2秒以上の読み込みは良くないらしい)

そのため、サイトの高速化は非常に大切なことです。
サイトを高速化をしない理由がありません。サイトを高速化について何もしていいなければ、今すぐしましょう。

今回はPageSpeed Insightsの得点を39点から95点にした方法をご紹介します。

広告

環境

テーマSWELL
サーバーXserver
WordPressバージョン6.2.2
SWELLバージョン最新

環境は以上の通りになっています。
Xserverはベーシックプランを利用しています。

テーマはSWELLです。

実際に高速化した方法

Cloudflareの導入

CloudflareとはCDNと呼ばれるものの1つです。
ネームサーバーというものをいじるだけで簡単に入れることができます。

cloudFlareを導入するメリットは、サーバー本体の負担を減らしたりや、表示の最適化をすることことができます。また、Brotliを使った圧縮もすることができます

これらの機能は無料版でも可能です。

Cloudflareのメリット:

cloudFlareのデメリット:

<br>

簡単に入れることができるのでおすすめ!
効果はそこそこあるよ

DNSプリフェッチの導入

DNSプリフェッチとは、前もってデーターを取得すると言うことです。
あらかじめ読み込むことで、名前解決せずにリンク先へ飛べるので、ページの切り替わりが速くなります。

KUSANAGI環境への移行

XserverがKUSANAGIへ対応していない旧サーバーでしたのでKUSANAGI対応の最新のサーバーへと移行しました。

KUSANAGIとは、最新の実行環境のようなものです。

KUSANAGIではPHPやMySQLの最適化がされます。
KUSANAGIはセキュリティー性も高いため、是非移行するべきです。

KUSANAGIは効果絶大!

CSS&JSの圧縮

Cloudflareの機能を利用して、Javascript css圧縮をしました。

余計なところをすことで、読み込む量が少なくなり、読み込み速度が向上します。
かなり、効果があるので、やってみてください!

サイト表示が崩れる可能性が少しあるため、バックアップをとってから行ってください。

一部のJavascriptの遅延読み込み

PageSpeed Insightsを活用して、表示スピードを下げている、スクリプトを探し、SWELLの機能で遅延をさせるようにしました。

それをすることで、スピードはかなり改善しました。

下手に遅延させまくると、サイトが表示されなくなってしまうことがあるため注意!

不要なプラグインの削除

一部の使っていないプラグインも削除しました。
主にバックアッププラグインや、使っていないプラグインなどを削除しました。

不要なプラグインを消すことで、サーバーの負荷軽減などの効果もあります。

このサイトで、不要プラグインについて学べるため、不要プラグインについて知りたい方は是非ご覧ください。

まとめ

サイトの高速化について主に以下の4つが大事です。

  • 高速な実行環境を使用する(例:KUSANAGIなど)
  • プラグインは最小限に!
  • CSS&JSの圧縮
  • Javascriptの遅延読み込み

上記の4つのことをすることで、大分スピードは改善すると思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました