PR
広告
広告

蒸し料理のデメリットを7つ解説!意外なデメリットが…

せいろ
記事内に広告が含まれています。
  • 蒸し野菜のデメリットを知りたい
  • 蒸し料理を試したいが、どうもうまくいかない
  • 蒸し料理の調理時間が長くて困っている
  • どんな食材が蒸し料理に向いているのか知りたい

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、この記事では蒸し料理のデメリットを明らかにし、その解決法から実際に蒸し料理に向かない食材まで詳しく説明しているからです。

この記事を読み終えることで、蒸し料理のデメリットを理解し、それらを上手に避けながら美味しく、効率よく蒸し料理を楽しむことができるようになります!

記事の前半では『蒸し料理のデメリット7つ』について詳しく解説し、後半では『蒸し料理のデメリットへの対処法 3つの方法』について掘り下げていきますので、蒸し料理にチャレンジしたい方や、もっと上達したい方はぜひ参考にしてください。

それでは本編です!

広告

蒸し料理のデメリット7つ

蒸し料理が持つデメリットは、次の7つに集約されます。

以下がデメリットの具体的な内容です。

  • 調理に時間がかかる場合がある
  • 味付けが難しい
  • 調理器具が必要になる
  • 一部の食材は食感が悪くなる可能性がある
  • 蒸し器の準備と後片付けに手間がかかる
  • 長時間蒸すことでエネルギー消費が増える
  • 食材によっては蒸し時間の見極めが難しい

これらについてひとつずつ解説していきます。

調理に時間がかかる場合がある

蒸し料理は熱を通すのに時間が必要であります。

特に整形したり、大きな食材をそのまま蒸し煮にする場合、想像以上に時間がかかることも。

このような課題に直面する人が少なくありません。

例えば料理初心者だと、蒸し料理の計画を立てる際に困難を感じることがありますよね。

調理時の段取りを工夫することが重要ですので、ご紹介します。

味付けが難しい

蒸し料理では、直接調味料を加えずに温熱で食材を加熱します。

そのため、日常の調理方法とは異なり、味付けが一筋縄ではいかないことも。

味が染み込みにくいため、どう料理を引き立てるかが問題です。

試行錯誤しながら一つの味を作り上げることが求められるでしょう。

おすすめの味付けについてはこの記事で解説しています。

調理器具が必要になる

蒸し料理には蒸し器やスチーマーが不可欠です。

しかし、これらは家庭に常備されていないこともしばしば。

特に料理を始めたばかりの人は、これが大きな壁になります。

蒸し器を用意すること自体も一つの挑戦かもしれませんね。

調理器具はせいろがおすすめです!せいろについてはこの記事で解説しています。

一部の食材は食感が悪くなる可能性がある

蒸すことで食材の食感が損なわれる場合があります。

ほどよい硬さが特徴の野菜も、ベチャベチャになってしまうかもしれません。

特定の食材の扱い方を知ることで、失敗を減らせるはずです。

蒸し器の準備と後片付けに手間がかかる

蒸し料理では、専用の蒸し器を使用するため、準備や後片付けが一般の料理より大変になることも。

蒸し器を使った後の清掃は、時に面倒なものです。

一日の終わりに掃除をするのは、意外とエネルギーが要りますよ?

ですが、蒸し器を使わずに家にある物で代用もできますよ!

長時間蒸すことでエネルギー消費が増える

長時間火を使い続けると、ガスや電気の消費も増えます。

エコであるとは言い難い状況ですね。

使うエネルギーを意識しながら料理をすることが、これからの時代には求められてくるでしょう。

食材によっては蒸し時間の見極めが難しい

食材によって適切な蒸し時間が異なるため、調理が難しくなります。

タイミングを見分けるのが一苦労ですよね。

経験を積むことで、少しずつ改善していけますので、焦らずにいきましょう。

それでは、蒸し料理のデメリットにどう対処するか、次の見出しで紹介します。

蒸し料理のデメリットへの対処法 3つの方法

蒸し料理のデメリットに対応する方法を3つご紹介します。

以下が対処法の内容です。

  • 時間短縮の工夫をする
  • 食感を活かす食材選び
  • 多機能蒸し器の利用を検討する

それでは、一つずつ解説していきましょう。

時間短縮の工夫をする

調理に時間がかかる問題には、工夫が必要です。

例えば、食材をあらかじめ小さく切ったり、薄くスライスすることで蒸し時間を短縮できます。

この方法なら、忙しい日でも蒸し料理を楽しむことが可能です。

まずはちょっとしたコツから始めてみましょう。

食感を活かす食材選び

一部の食材が食感を損なう問題は、適切な食材の選択が重要です。

蒸し料理に適した食材を選べば、美味しい食感を楽しむことができます。

例えば、蒸すことで甘みが増す野菜や、蒸し魚などがおすすめです。

食材選びに少し気を使うだけで、大きく味が変わりますよ。

多機能蒸し器の利用を検討する

調理器具が必要、準備と後片付けの手間など、蒸し器関連の問題には多機能蒸し器が有用です。

多機能蒸し器は、その他の料理方法にも対応しているため、幅広く活用できます。

ガジェット好きの方には、ぜひ試していただきたい選択肢の一つです。

これからのキッチンライフが変わるかもしれませんね。

蒸し料理のデメリットへの対応策は、調理の方法に工夫を加えることで解消することができます。

次に、蒸し料理に向かない食材について見ていきましょう。

蒸し料理に向かない食材4選

蒸し料理が得意とする柔らかさや湿度が食材によっては逆効果になることもあります。

蒸し料理に向かない代表的な食材は以下の通りです。

  • 牛肉
  • 厚切りの豚肉
  • 一部の硬い野菜
  • 揚げ物

それぞれの食材がなぜ蒸し料理に向かないか、詳しく見ていきましょう。

牛肉

牛肉は、特に赤身部分が蒸し料理には向いていません。

蒸すと硬くなりやすく、美味しさが半減してしまうからです。

ステーキや焼肉のような調理法がおすすめです。

厚切りの豚肉

同様に、厚切りの豚肉も蒸し料理の適材とは言い難いです。

豚肉のジューシーさを引き出すためには、焼きや煮込みが適しています。

豚肉の良さを存分に味わいましょう。

一部の硬い野菜

蒸し料理では、硬い野菜を柔らかくするのに時間がかかります。

また、野菜によっては食感が悪化することも。

蒸し料理に適した野菜の選択が重要です。

揚げ物

揚げ物を蒸すと、カリカリの食感が失われ、べちゃっとしてしまいます。

揚げ物の魅力は、その食感にありますので、再加熱する場合はオーブン等の利用をお勧めします。

また、蒸し料理でおすすめな食材についてはこの記事で解説しています。

まとめ

今回は蒸し料理のデメリットとその対処法、さらに蒸し料理に向かない食材まで詳しく解説しました。

蒸し料理のデメリットは以下の7つでした。

  • 調理に時間がかかる場合がある
  • 味付けが難しい
  • 調理器具が必要になる
  • 一部の食材は食感が悪くなる可能性がある
  • 蒸し器の準備と後片付けに手間がかかる
  • 長時間蒸すことでエネルギー消費が増える
  • 食材によっては蒸し時間の見極めが難しい

これらのデメリットへの対処法としては、以下の3つの方法が挙げられました。

  • 時間短縮の工夫をする
  • 食感を活かす食材選び
  • 多機能蒸し器の利用を検討する

加えて、蒸し料理に向かない食材としては、牛肉、厚切りの豚肉、一部の硬い野菜、揚げ物が挙げられました。これらの食材は蒸し料理に適さないため、別の調理法を選びましょう。

以上の点から、蒸し料理は便利で健康的な調理方法ですが、そのデメリットと対処法を知っておくことが大切です。そして、蒸し料理に向かない食材にも注意が必要です。あなたが蒸し料理をする際には、この記事で紹介したポイントを参考にしてみてください。蒸し料理の技術をより深く理解し、毎日の食事をより豊かにするきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました