Twitterで劣等感を感じる3つの原因と乗り越え方を6つ紹介します!

  • Twitterで他人のツイートを見て劣等感を感じる。
  • Twitterで他の人が羨ましく見える。
  • Twitter に上手くついていけず、フォロワー数が伸びない。
  • 有名アカウントに比べて自信を無くしがち。

こんな悩みを解決できる記事になっています!

なぜなら、Twitter での劣等感の原因と対処法を具体的に解説しているからです。

この記事を読めば、Twitter での心のよりよい在り方を学び、前向きに活動できるようになります。

記事の前半では『Twitter劣等感を持ちがちな3つの理由』について解説し、

記事の後半では『Twitter劣等感を乗り越える6つの方法』について解説しますので、参考にしてみてください。

それでは本編です!

Twitter 劣等感を持ちがちな3つの理由

人々はTwitterで劣等感を感じやすいものです。Twitter上には数多くの自己顕示欲の強い投稿が溢れており、平均的な人間には些か圧倒されてしまうことでしょう。

Twitter 劣等感の原因となる3つの主な理由は次の通りです。

  • 他人と比べてしまうから
  • 承認欲求が強いから
  • 過剰に気にしすぎるから

日頃から無意識のうちにこうした傾向があるのかもしれません。それぞれ詳しく見ていきましょう。

他人と比べてしまうから

Twitterでは、誰もが自分の良いところをアピールするため、人と比較してしまいがちです。自分より優れた人を見ると、つい劣等感を抱いてしまうのです。

人は本能的に他者と比較したがるものなのですが、その傾向がTwitter上で顕著になるようです。

実際に、以下のような人は比較意識が強くなるでしょう:

  • 自己評価が低い人
  • 完璧主義者の傾向がある人

比べる対象は、有名人やインフルエンサーなどの一般人だけでなく、同年代の知人にも及びます。

比較対象が多ければ多いほど、ネガティブな感情に陥りやすくなるのが人間です。

しかし自分に素直になり、他人を気にしすぎない姿勢が大切ですよ。

承認欲求が強いから

Twitterは投稿に対する「いいね」やリツイートといった承認が手に入りやすい場所です。 そのため、承認欲求の強い人ほど劣等感を抱きやすくなります。

いつでもフォロワーの目を気にし、リアクションされない投稿をするとショックを受けてしまうのです。

特に、以下のような人は承認欲求が高い傾向にあります:

  • アピール好きな性格の人
  • 注目されたがる人間関係にある人

人間にとって承認欲求は重要な欲求の1つですが、それに振り回されすぎると心を病んでしまう可能性があります。

リアクションを求めすぎず、あくまでTwitterは娯楽の1つと割り切ることが賢明でしょう。

承認欲求との向き合い方についてはこの記事でわかりやすく解説されていますよ!

過剰に気にしすぎるから

Twitterの投稿は実際の人生を正しく反映していないことが多いため、過剰に気にしてしまうと劣等感を覚えやすくなります。

一時的な出来事や場面だけをアピールしているだけで、投稿以外のありのままの人間像は見えていないからです。

そうした点を理解できずに、投稿されたコンテンツのみに過剰に反応してしまうと、見る側に余計な悩みが生まれてしまいます。

あくまで憧れや楽しみの対象としてTwitterを見るべきであり、現実とはあくまで切り離して考えるようにしましょう。

そうすれば、Twitter 劣等感といった不要な悩みから解放されるはずです。

Twitter 劣等感を乗り越える6つの方法

Twitter上では様々な人々の活躍を目にし、つい自分と比べてしまい劣等感を抱いてしまいがちです。しかし、そうした悩みから解放されるためには適切な対処が必要不可欠です。

Twitter劣等感を克服する6つの具体的な方法をご紹介しましょう。

  • 自分のペースを大切にすること
  • フォロワー数に一喜一憂しないこと
  • 自分の強みに注目すること
  • 発信内容に自信を持つこと
  • SNSは自分を励ますツールと捉えること
  • 他人に期待しない

一つひとつ丁寧に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分のペースを大切にすること

まずは自分のペースを大切にすることが重要です。TwitterはSNSの1つに過ぎません。投稿のタイミングやコンテンツの質にとらわれすぎず、無理のない範囲で楽しむことが何より大切なのです。

自分のペースを守ることで、Twitter活動へのストレスが軽減されます。投稿に対するこだわりが強すぎると、余計な劣等感にさいなまれてしまうからです。

実際に、ある程度自分のペースを守っている人は以下のようなタイプが多いでしょう

  • 仕事や家事、子育てで忙しい人
  • Twitter以外の趣味やプライベートを大切にしている人
  • Twitterを楽しみの一部と位置づけている人

自分のペースを大切にできれば、Twitterへの過剰な気を使うことなく、ストレスフリーに活動できるはずです。焦らず落ち着いて、自分らしさを大切にしましょう。

フォロワー数に一喜一憂しないこと

Twitter上でフォロワー数に振り回されると、容易に劣等感が芽生えてしまいます。しかし、フォロワー数はあくまで数値に過ぎません。一喜一憂するべきではありません。

フォロワー数を気にしすぎると、発信内容が歪んでしまう危険性もあります。良質なコンテンツを心がけることが何より重要なのです。

フォロワー数にあまりこだわらない、代表的なタイプの人は以下のようなケースが考えられます

  • Twitter初心者で数値の意味がよくわかっていない人
  • フォロワー数よりもコミュニティの質を重視している人
  • リアルな影響力を持つインフルエンサーやユーザー

フォロワー数に一喜一憂するあまり、Twitter活動を無駄に神経質にならないよう気をつけましょう。大切なのはコンテンツの質であり、あなた自身の価値を損なう必要はまったくありません。

自分の強みに注目すること

他人の活躍を見て劣等感を覚えるくらいなら、自分自身の長所や強みに目を向ける方が賢明です。そうすれば、Twitter上での活動も前向きなものになるはずです。

自分の良いところをしっかりと認識し、自信を持つことが何よりも大切なのです。

具体的に、以下のような長所や強みに注目してみるのはいかがでしょうか

  • 専門的な知識やスキル
  • 独自の価値観や人柄
  • リアルな人間関係の豊かさ
  • 自分なりの夢や目標

このように、Twitterとはまったくかけ離れたところに自分の価値を置くことで、SNSの苦手な部分を補うこともできるのです。

自分を肯定的にとらえられれば、Twitter活動を通した劣等感は自然と薄れていくはずです。自信を持ち続ける工夫が重要になります。

発信内容に自信を持つこと

Twitter上で発信するコンテンツに対して自信を持つことも、劣等感を克服する有効な方法です。つまり、自分の投稿がしっかりと価値のあるものだと認識することが何より大切なのです。

内容に自信が持てる投稿をすることで、見る側にも「この人は自分に自信を持っている」と伝わるはずです。

具体的には、次のようなコンテンツに自信を持つといったことが考えられます

  • 専門性の高い情報発信
  • 経験に基づいたリアルなアドバイス
  • オリジナリティの高いコンテンツ
  • ユーモアを交えたエンターテインメント性のある投稿

投稿に自信が持てれば、他人の目を気にすることなく、自分らしい活動ができるはずです。劣等感に打ち勝つためにも、自身のコンテンツを大切にしましょう。

SNSは自分を励ますツールと捉えること

本来、SNSは自分を励ますためのツールだと捉えるべきです。しかし、その本来の目的から外れてしまい、時として劣等感を抱いてしまうことがあります。

SNSでは人の良いところやアピールしたい部分しか見えないため、つい現実とのギャップに惑わされてしまうのです。しかし、あくまでSNSは仮想の世界です。

SNSは以下のような側面を持つ、自分を高めるためのツールだと捉え直してみてはどうでしょうか

  • 自己啓発の場となる
  • モチベーションを得られる
  • アイデアの発想源になる
  • 人脈を広げる機会が得られる

このようにSNSの本来の目的と利点を再認識すれば、劣等感という枷から解放されるはずです。あくまでSNSは手段であり、それ以上でも以下でもないのです。上手に活用しましょう。

他人に期待しない

他人に過剰に期待しない具体例としては

  • リプライやリアクションが来ると「当然」と考えない
  • フォロワーが増えることを過度に期待しない
  • 自分の投稿に対する評価を過剰に気にしない

他人から何かを受け取ることばかり期待していては、いつかは失望に終わってしまいます。自分自身の心の在り方を大切にすべきなのです。

例えばリプライやリアクションを過度に求めすぎると、つい「自分の発信が伝わっていない」と落ち込んでしまいがちです。しかし、そもそもSNSの交流は一方通行であることを肝に命じる必要があります。

また、フォロワー数が増えないからといって、自分の価値を過小評価してはいけません。フォロワー数は参考程度のものであり、数値が全てを表すわけではありません。

そして何より、自分の発信内容への評価を過剰に気にしすぎると、却ってSNS活動に支障をきたしかねません。投稿に対するリアクションは参考にはなりますが、過度な期待は禁物です。

このように、SNS上で他者から何かを得られることを期待しすぎないことが、劣等感から解放される緊急の鍵となるのです。自分自身が一番大切で、期待の的は自分に置くべきなのです。

まとめ

Twitter上で劣等感を感じがちだという人も多いことでした。

Twitter劣等感を持ちがちな理由は以下の3つでした。

  • 他人と比べてしまうから
  • 承認欲求が強いから
  • 過剰に気にしすぎるから

一方で、Twitter劣等感を乗り越える方法は以下の6つが挙げられました。

  • 自分のペースを大切にすること
  • フォロワー数に一喜一憂しないこと
  • 自分の強みに注目すること
  • 発信内容に自信を持つこと
  • SNSは自分を励ますツールと捉えること
  • 他人に期待しない

Twitter上で劣等感を持つのは自然なことですが、過剰に気にし過ぎないことが大切でした。自分らしさを大切にし、ネガティブな感情にとらわれすぎないことで、Twitter 劣等感を乗り越えられるでしょう。

あなたならTwitterをどう活用していきますか?自分に合った使い方を見つけて、前を向いて歩んでいってください。

SNS