ランニング中に知り合いと会いたくない!対処法を紹介します!

ランニング中に知り合いと合うの恥ずかしいですよね…
筆者もそうです。でも、ランニングのためにわざわざ遠くの公園に行くのは面倒くさい。

でも知り合いとは会いたくないといった状態です。笑

この記事ではランニング中に知り合いに会わないための方法を5つ紹介します。

それでは本編です。

ランニング中に知り合いに会わないための対策5つ

ランニング中に知り合いと会うのは避けたい、そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

人目を気にせずに走りたいときは、上手な対策が必要になります。

そこで、ランニング中に知り合いに会わない対策を5つご紹介します。

  • 知り合いの少ない場所を選ぶ
  • 朝早くや夜遅くの時間に走る
  • ヘッドホンをつけておく
  • 顔を隠すサングラスや帽子を着用する

これらの対策を取ることで、ストレスなくランニングを楽しめるはずです。

それぞれ詳しく解説していきます。

知り合いの少ない場所を選ぶ

ランニングスポットは知り合いが少ない場所を選びましょう。

住宅街よりも自然が多い公園や河川敷、遠方の場所を選ぶのが有効です。

実際に、知り合いと会わない場所としては次のようなところが適しています。

  • 自宅から離れた公園や河川敷
  • 郊外の山や田園地帯
  • 観光地や商業施設から離れた場所

自宅や職場の近くだと知り合いに会う可能性が高くなります。

あまり知られていない場所で走ればほとんど出くわさないでしょう。

事前に調査するのをおすすめします。

朝早くや夜遅くの時間に走る

知り合いがほとんどいない時間帯を選ぶのも一つの方法です。

多くの人が外出する午前中や夕方以降は避け、朝早い時間や夜遅い時間に走るのがよいでしょう。

実際に、知り合いに合わないタイミングとして次のような時間が適しています。

  • 早朝5時〜7時ごろ
  • 夜9時以降

この時間帯なら、ほとんどの人が外出していないので安心できます。

ただし、防犯面での注意は必要になります。

明るくなる前や暗くなった後の時間は気を付けましょう。

ヘッドホンをつけておく

ヘッドホンをつけていれば知り合いに声をかけられる心配はありません。

音楽を聴きながら走れば、周りが気にならなくなるメリットもあります。

大きな音量で聴き過ぎるのは危険なので、適度な音量に設定しましょう。

ヘッドホンをつけてランニングをしている人に話しかけるのはマナー違反です。

そのため、ヘッドホンをつけておけば知り合いからも避けられるはずです。

ランニング時の気分転換にもなりますね。

顔を隠すサングラスや帽子を着用する

サングラスや帽子、マスクなどを着用すれば知り合いに見つからない可能性が高まります。

特にサングラスは有効で、目線を合わせにくくなるからです。

実際に、知り合いに見つからない装備としては次のようなものがあげられます。

  • サングラス
  • 帽子やキャップ
  • マスク
  • フード付きの上着

これらを組み合わせれば目立ちにくくなり、路上の知り合いにも気づかれずに済むでしょう。

装備が整っていれば安心して走れますよ。

大体の人はランニング中に知り合いに会うことをどうでも良いと思っている

ランニング中に知り合いに会うのを避けたいと思うことがあるかもしれません。しかし、実際のところ、大半の人はあなたがランニング中に知り合いに会ったかどうかをどうでもよいと思っているのが現実です。

あなたも他人がランニング中に知り合いに会ったことを深く気にかけたことはないのではないでしょうか?

あなたもそうじゃない?

もし、あなたが友達がランニングしているところを見ても正直どうでもいいと思いませんか?

馬鹿にする理由もないし、すぐに記憶から無くなるのではないでしょうか?

多くの人は自分の生活に精一杯で、他人のランニング中の些細な出来事には目を向けていないのが実情です。

ですからあなたも同様に、友達がランニング中に誰に会ったかをあまり気にかけていないと思います。

かっこいい服装で自信を持ってやろう!

ランニングをする上で服装も大切な要素の一つですね。かっこいい服装を心がけることで、自信を持ってランニングができるでしょう。

自信を持ってランニングができれば、周りの人が見ていても気にならなくなります。かっこいい服装で颯爽と走れば、他人の目なんて気にする必要はないのです。

実際に、自信を持ってランニングをしている人は次のような特徴があります。

  • 堂々とした走り方をしている
  • 周りの視線を気にかけていない
  • 集中しているのでランニングに没頭できている

このように、自分に自信があればこそ、ランニングを存分に楽しむことができるのです。

かっこいい服装は、そんな自信につながるひとつの手段なのです。

ですので、自分に合ったかっこいい服装を見つけて、思い切り自信を持ってランニングに臨むことをおすすめします。

かっこいい服装一つで、ランニングに対する意欲や姿勢が変わってくるかもしれません。

自信を持てば、周りの視線も気にならなくなるはずです!

まとめ

ランニング中に知り合いに会うことを避けたい場合の対策を紹介しました。

知り合いの少ない場所を選んだり、朝早くや夜遅くに走ったり、ヘッドホンを付けたり、顔を隠すサングラスや帽子を着用することで、知り合いに会う確率を下げられます。

しかし、大半の人はランニング中に知り合いに会うことをどうでも良いと感じているでしょう。

  • あなたもそう思っているのではありませんか?

ランニングは自分自身と向き合う時間でもあります。知り合いに会うことで気を散らされるよりも、自分の呼吸に集中することをおすすめします。